農業に特化した画像解析・空間情報解析技術

ドローンや人工衛星、カメラなどの様々なプラットフォームから得られた画像情報を用いて、植物および環境に関する有用なデータを取得し、解析を行っております。

またドローンや人工衛星などの広域の画像データにGIS(地理情報システム)を応用し、空間的な農業情報管理に関するご相談も承っております。

こうした植物および環境の画像解析の技術は、近年話題の「農業×IT」の文脈に欠かせないピースです。
生産者向けだけでなく、種苗業界や農産物流通業界においても、有用な情報取得が可能になります。

具体的な研究受託例

  • 3次元画像によるフェノタイピング
  • 人工衛星画像とGISを用いた圃場管理・モニタリング
  • ドローンを用いたイネ等の土地利用型作物の生育モニタリング
  • ドローン画像を用いた土壌水分量推定
  • 青果画像情報のポストハーベストへの応用
ドローン画像を用いた土壌水分量推定


まずはご相談ください

十分なヒアリングを行った上で、弊社が戦略を立案します。

ご相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせフォームまたはメールにてお問い合わせくださいませ。

メールの場合
info[at]culta.jp(atを@に変えてください)

お問い合わせフォーム